自ら立ち上げた劇団に”飽きた”男が初の一人芝居に挑む

「迷子の遊園地」主宰・藤田ヒロシが作・演出・出演はもちろん可能な限りひとりで演劇と向き合い挑む"ぼっち"企画

アフタートーク開催

これまで劇団公演等では開催した事のないアフタートークをこの【孤影と接吻】でやります!!上演時間は予定通り約60分となりますが、お時間ありましたら「アフタートーク」までお付き合いください。アフタートークは20分内の予定です。

「一人でやる」事の難しさや楽しさ、この経験での発見…更には"演劇の話"をできたらと思います ― 藤田


藤田ヒロシ一人芝居集

【孤影と接吻】

2019年7月27日(土)

Pops倶楽部[地図

OPEN 19:00/START 19:30

※上演時間:60分(予定)

[前売]2000円[当日]2500円 共に1ドリンク込

チケット予約

公演チラシ(PDF)


【上演作品】

この手で触れて
1974年・昭和49年8月30日午後0時45分、東京都千代田区丸の内で時限式爆弾が炸裂した。その約3時間後、214キロ離れた静岡県引佐郡細江町気賀で私が生まれた ― 自叙伝的一作

捨てられない男
『男にとっての理想』だって?アレがかい?なんだそれ?え?『いつまでも乳離れ出来ない生き物、それが男』だって? ― ある男が三人の人間と交わす"会話"劇


公演に向けて
孤独な演劇人の"生き恥"を、いま

(迷子の遊園地ブログ内「主宰の日記」)


Copyright(C)2019 HIROSHIFUJITA All Rights Reserved