演劇ワークショップ

固定化された自分を壊せ

演技の経験は問いませんし、役者志望か否かも不問。このワークショップの出逢いが、何かしらの”新たな出逢い”になると可能性を感じるならば、是非ご参加下さい。その可能性をカタチあるものにしていける体験をしていきましょう。


主宰・藤田ヒロシの一人芝居集「孤影と接吻」の開催に伴い6月の予定を変更

6月 "取りとめのない会話”から"物語”を作り出す!!

日常的な風景が非日常的な感情を生みだす。そんな瞬間を探しながら"物語"を作り、その中に"存在"してみる


6月 初の平日昼開催 "声と身体を見つめ直す"

他者を向き合う事で見えて来る"自分の姿"。声と身体の特徴を知り、もっと"自由になろう"


6月8・29日は「オープン稽古」を開催

主宰・藤田ヒロシの一人芝居集「孤影と接吻」に合わせた新たな試みとして参加自由の「オープン稽古」を開催。当日集まった者でその時にひらめいた内容を行う"出たとこ勝負"の稽古


主宰より

ワークショップとは経験や経歴、年齢や性別など参加者が同列に並び、目の前の課題に取り組む、そして皆で"恥をかき合う"事が大切だと考えます。「上手くやろう」「失敗をしないように」と"自分が既に出来る"その内側を巡るだけでは"自身の可能性"は広がっていかない。"結果"ではない。"挑戦"する事、それが今ワークショップでの唯一の"成功体験"です ― 藤田ヒロシ

迷子の遊園地 静岡県浜松市を拠点に活動

自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団|静岡・浜松

Copyright(C)2015 迷子の遊園地 All Rights Reserved