ワークショップ

やがて来る"解放の時"を迎える準備運動

「ワークショップ」と言うよりは「自由時間」 何かと制限のある日々を過ごしている今だからこそ自由を感じてみようと思います。ディスタンスもマスクも不要となるその時が来ても慌てず騒がすびっくりせず、ゆっくりのんびりと、ありたい自分でいられるように、そろそろ準備運動を始めませんか?


【開催日時/会場】

  • 5月8日(土)13時〜16時/西部協働センター
  • 5月22日(土)13時〜16時/西部協働センター

※会場地図:[西部


【募集要項】

言葉を綴って声にして見ましょう。詩とか短編とか作品を!と言う事ではなく、思いつくままの言葉を綴って(手書きで)、声にして見て(自身で)……「わぁ」「えっ」と、まずは自分が自分に驚く発見を!(筆記用具持参)

  • [参加資格]15歳以上 経験不問
  • [参加費]一般500円 20歳以下無料
  • [応募]事前申込制→お問い合せよりご連絡下さい

感染症対策の為マスク着用でご来場ください。アルコール消毒液はこちらで用意があります。会場内の消毒・換気にご協力ください。

新型コロナ感染状況により時短・中止となる場合もあります。

お問い合せ
藤田寛

主宰:藤田寛

コロナ禍 ― そう一言で現わしても個々人に置いてそれは様々な意味と中身を持っています。ワクチン接種が進んで集団免疫を獲得したとしても"それで終了"とはならない事が多いでしょう。人の生活ってそんな簡単で単純ではない。正直なところ次の不安もあります。それがわかっているから今から準備をしたいと思います。よろしければブログ内に書いた日記もご覧下さい。

迷子の遊園地 静岡県浜松市を拠点に活動

自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団|静岡・浜松

Copyright(C)2015 迷子の遊園地 All Rights Reserved