演劇ワークショップ

固定化された自分を壊せ


諸事情により9月28日に予定していたワークショップは中止いたします


主宰・藤田ヒロシが一人芝居集【孤影と接吻】を終え、そこで再確認した事、新たに発見した事を基に『演技、その嘘と真』を知るワークショップを展開していきます


「自由になる」をテーマに短編作品をつくる

設定だけが書かれた台本を基にそこから演者の発想で10分から20分程度の作品を作り上げることを目標としたワークショップ。さらに作品は「見せてこそ完成」という思いから"観客"を招いての発表も行います。

  • [日時]9月28日 10時〜20時 中止
  • [会場]西部協働センター[地図
  • [参加資格]15歳以上
  • [参加費]2000円
  • [募集数]6名程度
  • [応募]お問い合せより受付

スケジュール
10時〜趣旨説明、自己紹介、組分け
12時〜昼食
13時〜実践(作品作り)
18時〜発表*

*観劇者も募集します。詳細はお待ちください。


参加者アンケートより

演じるということがはじめてだったので緊張していたのですが、とても面白いWSでした。私は日常生活で感情を素直に出すのが苦手です。そのためこのWSで演技してみて、自分てこういう風に怒ることができるんだな、と新発見でした。自分のことって意外と自分で分かっていないものなのですね。

今日のワークショップでは、普段なかなか出せない感情をぶつける機会が何度かあり、デトックスできたみたいに楽しかったです。失敗しても大丈夫という雰囲気の中、安心して集中することが出来ました。説明されたことの半分くらいはまったくわからなかったけど、残りの半分はなるほどと思うことばかりでした。もっと時間をかけて台本を読み込めたら、違うものがみえてもっと面白くなったかもとドキドキしました。


主宰より

ワークショップとは経験や経歴、年齢や性別など参加者が同列に並び、目の前の課題に取り組む、そして皆で"恥をかき合う"事が大切だと考えます。「上手くやろう」「失敗をしないように」と"自分が既に出来る"その内側を巡るだけでは"自身の可能性"は広がっていかない。"結果"ではない。"挑戦"する事、それが今ワークショップでの唯一の"成功体験"です ― 藤田ヒロシ

迷子の遊園地 静岡県浜松市を拠点に活動

自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団|静岡・浜松

Copyright(C)2015 迷子の遊園地 All Rights Reserved