迷子の遊園地 ― 自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団。

1997年旗揚げ。舞台に立つ者の瞬き、息づかい、鼓動…醜くも美しく、そして生々しく……”いま”を生きる事に喘ぐ人々を描き、そして”迷子である自己”を探し続ける。

回転木馬の残光SHIEN
演劇ワークショップ
演劇ワークショップ

最新情報

回転木馬の残光2イケナイヨルおかしな朝おかしな朝おかしな朝回転木馬の残光2

迷子の遊園地 静岡県浜松市を拠点に活動

自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団|静岡・浜松

Copyright(C)2015 迷子の遊園地 All Rights Reserved