作品紹介

舞台は所詮は虚構 ― しかし決して模造ではない

|1|234

【最新公演情報】

 回転木馬の残光 #2

短編作品集

回転木馬の残光 #2

日時:2018.5.27(sun)
会場:Pops倶楽部
料金:[前売]2000円/[当日]2500円(共に1ドリンク付き)

予約:迷子の遊園地予約フォーム

作・演出:藤田ヒロシ
出演:北澤さおり 辻ゆう子 水野史奈子 東桜子 宮本あゆみ ほか


回転木馬の残光 特設サイト

公演チラシ(PDF)




寺田町/北澤さおり One-man live & One-man show

『寺田町/北澤さおり』One-man live & One-man show 毎回多彩なゲストを呼んでの"VS寺田町"の恒例ライブ(主催:シネマヴァリエテ)に北澤さおりがひとり芝居で参戦

ならば闇を、されど光を

2018.4.21(sat)19:30 Beer Bar SARA

作・演出:藤田ヒロシ
出演:北澤さおり


ライブ無事終了。ありがとうの一日。寺田町さんの歌は私達の想いを受け止めそれに応えてくれた熱い優しいものでした。幸運だ。そして私の弱い所も見えた。お客様から教えられた気がする。袴田さん、寺田町さん、杉さん、劇団員に、主宰に、お客様に、ありがとうございました! 北澤さおり

おかしな朝

旗揚げ20周年記念公演

おかしな朝

[浜松公演]2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場
[追加公演]2018.2.11(sun) あそviva!劇場

作・演出:藤田ヒロシ
出演:北澤さおり 藤田ヒロシ 辻ゆう子 水野史奈子 東桜子 宮本あゆみ ほか


おかしな朝 特設サイト


多くの本と人形に囲まれ”素敵な部屋”で暮らすメメ。父母と毎朝”美味しい食事”をする。「此処には私を傷つけるモノは何もない」
ところがある日、一冊の本と一体の人形が話し出し、動きだした。「それは本当に美味しい食事?」「メメの好きなモノは何?」
これまでにない問いかけに答えられないメメ。だけれど感じた。得体の知れない感情。「私…私は…」
その時、母の涙…いや言葉がメメに突き刺さる。「メメちゃんはいい子」
予定調和で繰り返される毎日。その平穏の終わりを告げる”おかしな朝”深く、強く、問いかける。今この時代に生きる希望と失望。

は20周年を迎た。その驚きと感謝を込め「自分(劇団)の存在意義」を再考しながら創り上げた作品。これほど初日を迎える事が不安だった公演は無いかも知れない。それ程に”曝け出したもの”があったのだろう。だからこそ「今とこれからを生きる覚悟」を多く人に届けられたのだろう。

影絵の夜会 皐乃一座×迷子の遊園

皐乃一座×迷子の遊園地

影絵の夜会

2017.11.17(fri) Pops倶楽部

創作芸術曲芸団・皐乃一座(こうのいちざ)が浜松で「影絵の夜会」を初開催!

・歌物語「カミサマの憂鬱」with迷子の遊園地
・「始ノ旅」with影野わかば


影絵の夜会 特設サイト

 回転木馬の残光 #1

短編作品集

回転木馬の残光 #1

2017.7.22(sat) Pops倶楽部

作・演出:藤田ヒロシ
出演:北澤さおり 辻ゆう子 水野史奈子 東桜子 宮本あゆみ ほか


回転木馬の残光 特設サイト

イケナイヨル‐原罪

Act21

イケナイヨル‐原罪

2017.3.11(sat)-12(sun) 木下惠介記念館/アートホール

作・演出:藤田ヒロシ
出演:北澤さおり 水野史奈子 東桜子 藤田ヒロシ ほか


短期間に公演を重ねた事もあって、個々の役者も集団としても成長を実感できた公演。そして、それは”足りないモノ”を浮き彫りしたことでもある。ココで満足する者は誰一人いない。名実ともに演劇に立ち向かう集団になれた。「イケナイヨル」が明けて、新たなる朝へ。

イケナイヨル

Act20

イケナイヨル

2016.12.3(sat)-4(sun) 七間町このみる劇場

作・演出:藤田ヒロシ
出演:北澤さおり 水野史奈子 辻ゆう子 ほか


19年目にして初の市外公演。内弁慶も良いとこだが、「0」を「1」にする事ができた。これは決して小さくない。これもまた糧になる経験の舞台……となる様にこれからも。

|1|234

迷子の遊園地 静岡県浜松市を拠点に活動

自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団|静岡・浜松

Copyright(C)2015 迷子の遊園地 All Rights Reserved